credit-card-1583534_640

留学に安心してお金を持っていく方法!

女子が留学に行く前に準備しなけらばいけないものはたくさんあります。大きな心配事の1つがお金の管理方法ではないでしょうか?現地で安心してスムーズにお金を使うために日本でどういう準備が必要なのか気になるポイントを解説していきます。

国際キャッシュカード
money-256319_640
もっともオーソドックスな方法です。日本でも全貯金を家においていないですよね?毎回銀行カードでATMから必要な分のお金を引き降ろしていると思います。
国際キャッシュカードを持っていれば、日本同様に海外でも街中のATMからお金の引きおろしができるのです。大量の現金を持つ必要がなく安心感も強いです。日本で作っておいた口座に入っているお金から引き下ろされることになります。

日本で使用している銀行カードで国際キャッシュカードとして利用できるかどうか各銀行に行って確認してもらいましょう。

プリペイドカード
プリペイドカードはクレジットカードよりも安心感が強いです。
日本でプリペイドカードに1万円だけ入れてきた場合、1万円までしか確実に利用できません。故に盗難などの犯罪にあった場合でも、上限以上のお金を不正に使用される心配がありません。

もちろん海外に来てカード内の残額が減ったら、プリペイドのお金を増やしていくということは問題なくできます。

クレジットカード
credit-card-1583534_640
クレジットカードだけで済ませるというパターンはないと思うので、クレジットカードをメイン利用にしようと考えている方でも、一定数の現金は確実に持っていきましょう。どういう国でもクレジットカードが使用できない場所やシチュエーションは存在します。

どの国でもVISAとMasterCardは使用できる店舗が多いので、ブランドはこの2つのどちらかがおすすめです。フィリピンなどアジア圏になると基本的にカードが使用できない店が多くなります。行き先にも応じて自身の管理手段を考えていきましょう。

全て現金
dollar-499481_640
最後の選択肢はカードなどは一切持っていかずに、全て日本円で持って行き現地のお金に換金して利用することです。
カードエラーなのが起き得ないので、もっともシンプルな手段ではあります。
期間が短く、ある程度使用する金額が読め、そこまで大金にならない場合はこの方法が分かりやすくて良いと思います。

例えばフィリピン留学で1ヶ月の方なら、現地の初期費用合わせ10万円強あれば充分事足りるので現金で持ってきている方が一般的です。

留学へのお金の持って行き方、現地でのお金管理方法のベストは、行き先の国や期間によって大きく異なります。安全性を加味した上で、自身がもっとも過ごしやすいと感じられる方法がどれかということを考えて、お金管理手段を選びましょう!