entrepreneur-593378_640

就活で留学を最大限に活かす方法

近年は留学に行く人が増えたため留学をしたから絶対に就活に有利になる!というわけでもありません。留学をしてもその経験を就活の時にうまく伝えられるか心配な人もいるでしょう。せっかくの留学経験を就活に最大限に活かす方法をまとめました。

*留学した動機

留学の動機を自分のしたい仕事と結びつけて話すことができれば、とても説得力があり就活において大きな強みになるでしょう。

留学目的が「就活」では失敗してしまいます。留学する前に自分がどうして留学したいのか目的をしっかり持ちましょう。将来やってみたいことのために自分に何が足りないのかも考える必要があります。これらを就活に結びつけてしっかり伝えられると良いでしょう。また留学を通じて経験したこと、それによって得た考え方や行動をどう活かしていけるのかアピールしていきましょう。
book-2073020_640

*留学での苦労話

留学生活では、寮に住むにしろアパートを借りるにしろ自分で生活していかなければいけません。食材を買って料理をする、掃除をする、光熱費や家賃を払う、ゴミを出すなどの1人暮らしをするなか勉強とも両立するのは大変なことです。またお金のやりくりや、人間関係に悩むこともあるかもしれません。留学では誰もが何かしらの問題に直面し苦労するでしょう。

その苦労からどんなことを学んだのか、どう考えたのかなどをセンスよく話すことができれば柔軟性や順応性をよりアピールすることができるでしょう。
daisy-1346049_640

*留学できたことへの感謝

留学するには大きな費用がかかります。成績が優秀で奨学金で留学に行けた、という人でも結局は誰かの支援で留学ができています。

常に感謝の気持ちと謙虚な姿勢を持つことで、あなたの人間性がよりよく伝わるでしょう。
heart-1376391_640

留学は様々なことが経験でき成長できるチャンスです。その経験を就活に活かしきれるようにしっかりと準備をしていきましょう。