book-1802841_640

学校選びのポイント!スパルタ式とは?

フィリピン留学を検討中のみなさん!

フィリピンにはたくさんの語学学校があって選ぶのが大変ですよね・・・

語学学校にはそれぞれの特徴があり、特徴によって語学学校を選ぶのが賢い選択方法です!

今回は学校の特徴の1つであるスパルタ式についてご紹介します。

スパルタは厳しそうだから無理・・・という方も1度読んで学校選びの知識を蓄えてください!

スパルタ式の特徴

①門限がある

clock-772953_640

スパルタ校では門限が定められています。

規則が比較的厳しくないスパルタ校では平日のみ門限が定められており、休日は門限なしのところが多いです。

規則がより厳しい学校では休日も門限が23時に設定されていたりします。

②平日外出禁止

厳しめのスパルタ式学校でよくあるのが平日外出禁止です。

平日は学校でしっかり勉強をし休日は遊びたい、勉強のオンオフをはっきりさせたい、という方は平日外出禁止の学校がおすすめです。

③テストがある

5707d879a140e7ee8ab199f09eb8a219_m

スパルタ式の特徴として、テストを受けることが義務化されている点が挙げられます。

毎日or毎週単語リストを渡され、リストの単語を覚えてテストを受けます。

スパルタ式の学校では毎晩単語テストを受けなければいけない学校がほとんどです。

外出禁止の規則がない学校でも、単語テストに合格しなかった場合は外出禁止を定めている学校もあります。

夜は毎日外出して、異文化交流を楽しみたいと思っている女性の方はテスト不合格で外出禁止になる学校は選ばない方が良いでしょう。

④自習が義務化されている

book-1802841_640

スパルタ式学校には自習時間が学校の規則で決められている学校が多いです。

授業時間内に義務自習の時間を設けている学校もあります。

自習ができない女性の方は、学校で規則化されていた方が勉強時間を確保しやすく、英語力も伸びやすいと思います。

以上がフィリピン留学のスパルタ式の特徴になります。

自分にとって必要なルールはなんなのか考えながら学校選びをしてみてくださいね。

0 件口コミ

口コミを投稿

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*