restaurant-336660_640

女子留学帰国後に英語力を維持するためにすべき行動

留学期間は一定期間と限られていますが留学後の生活は一生続きます。留学をする多くの女子にとって、留学から日本に帰国した後の日々の行動次第で英語習得度も大きく変わると言えます。

英語力を維持及びに、留学で得た英語モチベによりさらに英語力を向上させていく方法を紹介していきます。
wood-788900_640
オンライン英会話を行う
留学とその後のオンライン英会話は非常に相性が良いです。
圧倒的に安い値段で英語を使える環境を得られるということは間違いないのですが、英語を話すことに慣れていない状況でオンライン英会話を始めても画面越しということもあり、なかなか上手く話せないことが多いです。
留学で英語を話すこと自体に慣れた後に日々の英会話量確保としての利用には最適です。

帰国し日常に変えると忙しくなり毎日固定時間を取ることも難くなるとは思いますが、日ごとに自由に受けられるタイミングを選べることも魅力の1つです。

英語を使うバイトをする
restaurant-336660_640
社会人で次に定職が決まっている人などは難しい選択肢ですが、学生には帰国後のバイトでいやでも英語を使わざる得えない環境を選ぶことをおすすめします。
例えばゲストハウス、空港や外国人バーなど外国人のお客さんが訪問するようなスポットで未経験でもバイトをできるチャンスがある場所はたくさんあります。また最近は日本に来る外国人自体も増加中ですのでこれれのバイト先では外国人と触れ合える機会はより増して来ています。

やや実践英語とは離れてしまいますが、英語とまったく離れないようにするべく塾系で英語を教える立場にまわるのも良いかもしれません。

バイトまでに行かなくても、外国人が集まるバーやイベントに参加するといっただけでも英語に触れ合う機会は得られそうですね。

資格取得
語学において資格は必ずしも必要とは言いませんが、資格取得は明確なゴールが設けられるので学習のペースメーカーとしても役に立ちます。
留学をして英語力を伸ばしたのだからTOEICなどで伸び幅を測ることで達成感と今後へのやる気がより得られるかもしれません。
完全な英語脳になっているときのままの方が点数も取りやすいと思うので、帰国後すぐに学習を始めて試験を受ける意味も強く、英語学習の良い再スタートにすることができます。

洋画や洋楽に触れる
audio-1755964_640
趣味の一環として洋画や洋楽を楽しみながら、自然と英語に触れ、英語力維持およびにアップにつなげることができます。
海外に一定期間住んだ経験を通して、今まで興味がなかった人でも、洋楽が好きになったなどという人もよく見かけます。人生において1つの大きな成果ですね。

言いたいと思ったことを英語で表現する練習をする
日本語で表現したことを、英語ならどのように表現するだろうかと日々考え、分からなかったら後で調べることを繰り返すと、自然と自分の使える表現の幅が広がっていきます。
自分が日本語で言おうとしたこと、つまり、自分が実際の会話で使いがちな表現ということになり、これら表現を習得することで英会話力は急激に上昇します。
また空き時間などに目に入ったものや見えている情景などを英語にしてみる習慣をつけられると良いですね。一人での考え事をぶつぶつ英語で言ってみるなどもおすすめです。

メンタルを落とさない
最後はメンタル部分の話となってしまいますが、留学後の英語学習として非常に重要な点であると考えています。

中長期で海外で生活をし現地に溶け込めるように頑張った人ほど陥りやすいことですが、日本に対して逆カルチャーショックを感じてしまう人が多いです。日本での常識が非常識になってしまい、日々の生活の中でがっかりすることも多いです。
そうして英語学習のみならず、全ての気力を無くしていっているという人も実際に見ることがあります。

さらに留学にいって頑張ったからといってネイティブレベルに話せるようになるわけではないのに、未経験の日本の友達からすると、留学行ってたんだから英語完璧でしょ?みたいに接せられて違和感を抱くことも多いはずです。
こういう事態も起き得るということを想定しておき、さらに海外生活で培った多様性を受け入れる力で、帰国後も様々な自分とは異なる考え方に対応していきましょう。

留学後の学習次第で英語の習得度は大きく変わりますので、留学前・中から留学後の動き方を決められれていれば、より効率よく学習に励めるようになるでしょう!