study

フィリピン留学中のストレスとその対処法

たとえ留学前にどれだけ準備していたとしても、フィリピンに来てはじめて気づくことや、失敗することはだれにでもあります。英語の勉強に関してもうまくいかないことが多かれ少なかれみんなあると思います。

今回の記事ではよくあるフィリピン留学中のストレスとその対処法についてまとめました!

・英語力が思うように伸びない

book-1802841_640

留学中、自分がちゃんと英語を話すことができるようになっているのか不安を感じる方もいると思います。

どれだけ勉強しても知らない単語は出てくるし、先生の言っていることがわからなくて聞き返すこともあるでしょう。

そんなときに自己嫌悪のようなストレスを感じ、英語を勉強するのが嫌になってしまうときが出てくるかもしれません。

《対策法》

英語力の伸びに関してストレスを感じたときはもう1度英語の楽しさを再確認するとよいでしょう。

例えばフィリピン人の先生と一緒にご飯にいって英語で会話してみたり、交流会などに行っていろいろな国の人と英語で話してみたりしてみましょう。

英会話の楽しさを思い出すことでストレスなく英語に触れることができるようになるはずです。

・空気が悪い

フィリピンは発展途上国のため車の排気ガスの規制が日本よりもかなり緩いです。

そのため、日中外を出歩くだけで排気ガスでのどが痛くなるなどということがよくあります。

特に女性の方はのどを痛めやすいのであまり外に出たくないと感じストレスの要因になることもあり得ます。

《対策法》

マスクをつけてなるべく悪い空気をシャットアウトしましょう。

また、セブ島のJYモールの近くにあるトップスという小さな峠に行けば排気ガスとは無縁の新鮮な空気を吸うことができリフレッシュすることができます。

トップスはとても見晴らしがよくセブの景色を一望できる素敵なスポットなので女子の皆さんには特に行っていただきたいおすすめの場所です。

・治安が悪い

2829797b293d33633d72a9b0b2d7a429_s

治安の悪さもフィリピンならではのストレスの1つとして挙げられます。

日本ではスリやストリートチルドレンなどはあまり身近な存在ではありませんがフィリピンでは毎日のように気をつけなけばいけない存在なのです。

現地人5人狙うよりも日本人1人狙った方がお金を多く手に入れることができると言われているぐらい日本人はターゲットになりやすいです。

外出の際はいちいち気にしなければいけないためストレスを感じる方もいるでしょう。

また、実際に盗まれてしまったらかなりストレスがたまることでしょう。

スマホを盗まれて、これまで撮ってきた写真が全部なくなってしまい悲しんでいる人を何人か見たこともあります。

特に女性はたくさんの写真をスマホでとっている方も多いと思うのでもしぬすまれてしまったら悲しみはかなりのものになるでしょう。

 

《対策法》

治安の悪さの対策に関しては、狙われないようにすることが一番の方法です。

夜は少人数で出歩かないようにする、お財布には使う分しかお金を入れておかない、バッグは目に見える範囲で持つなどできる限りの予防をしましょう。

特にセブのマンゴーストリートやコロンストリートなどかなり治安の悪い場所に行く際は、スマホを持っていかないようにしたり、持っていっても極力出さないように気をつけましょう。

気を付けてさえいれば盗まれることなく留学に集中できます。

・食事が合わない

 

フィリピンでは基本的にチキンとポーク、お米がメインの食べ物になります。

お米は日本とは違いパサパサしているので日本のお米が恋しくなる時もあります。

また、野菜がほとんど出てこないため、おなかの調子が悪くなったり、肌荒れが出てきてしまう女性の方が一定数います。

体調の変化は心的ストレスにもつながりやすいので勉強のモチベーションもかなり左右されてしまいます。

 

《対策法》

体調を崩さないように積極的に野菜をとったり、サプリメントを飲んだりしましょう。

多国籍料理のレストランやフレンチ、イタリアンなどのレストランに行けばサラダを食べることができるのでそのようなお店を選ぶとよいでしょう。

SMモールやアヤラモールなどでサプリメントが売っているのでマルチサプリなどを定期的にとるのもおすすめです。

 

以上がフィリピン留学中のストレスとその対処法でした。

いかがでしたでしょうか?

これを読んでくださった方の悩みが少しでも軽くなれば幸いです。

0 件口コミ

口コミを投稿

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*