c555c377d5dbefd178436859c6460dd7_m

【必見】女子が1ヶ月のフィリピン留学にかかる費用

安いと言われているフィリピン留学ですが実際どのくらいかかるのか気になりますよね。

フィリピン留学を検討している女子の皆さんに向けて、留学費用をまとめてみました!

 

① 授業料

② 現地支払費用

③ 現地生活費

④ 航空券

⑤ 保険

の5つに分けて紹介します!

 

rainbow-936444_640

①授業料 15〜20万前後

 

日本で支払いを済ませる費用は、主に授業料が大きな割合を占めています。この授業料の中に寮費や3食の食費が含まれています。基本的に1ヶ月15万円前後のところが多くなっています。

しかし、カリキュラムや寮の部屋などによって値段はだいぶ変わってきます。もちろん授業のコマ数が多いほど授業料は高くなります。ただコマ数を取りすぎると、復習などをする暇がなくなったりしてインプットがきちんとできなくなってしまう方もいます。放課後は遊びに行きたい女子はあまりコマ数を多くしないほうがいいでしょう。

 

また部屋については、筆者がいる学校では1〜4人部屋の設定がされていますが、1人部屋にすると4人部屋より1.5〜1.8倍ほど授業料が高くなります。できるだけ費用を安く抑えたくルームメイトが沢山いても気にならない方は人数の多い部屋を希望すると良いです。

 

 

 

② 現地支払費用 14000ペソ前後

 

現地で支払う費用とは、直接語学学校に払わなくてはいけない費用です。

学校によって様々ですが、現地支払費用の内訳内容を4つ例にあげたいと思います。

 

(1) SSP(特別在住許可証) 6500ペソ

留学をする人はフィリピン政府に申請する必要があります。学校側が代わりにやってくれるので代行手数料と申請費用を支払わなくてはいけません。

 

(2) 電気・水道代 1000〜2000ペソ

寮費に含んでいる学校、定額制の学校、メーター精算の学校に分かれてきます。

寮費に含んでいる学校や定額制の学校は何も気にせずにエアコンなど使えますが、一定の使用量を超えてしまうと追加費用が発生する場合もあるので注意しましょう。メーター精算の学校であれば、請求料金が人数で割られるため多い人数の部屋に泊まる方が費用を安く抑えられます。

フィリピンは物価がとても安いのにも関わらず、電気代はとても高くなっています。電気やエアコンをつけっぱなしにしていると高い電気代を払わなくてはいけなくなります。気をつけてください。

 

(3) デポジット(保証金)2500〜5000ペソ

なにか寮の設備を壊してしまった場合などのときにここからお金を引かれていきます。もちろんなにも破損などおこさなければ全額返金されます。デポジットは学校によって金額は様々ですが、どちらにせよ問題を起こさなければ返ってくるので帰りの空港使用料やお土産代に使うのが良いでしょう。

 

(4) 教材費 1000〜1500ペソ

これまた学校によって価格が異なってきます。他社の教材を使っているところや、学校オリジナルの教科書があるところ、自分で持って行った教材を使ってくれるところなど様々です。

 

上記にあげたもの以外で、学生ID発行費、ピックアップ費などがかかる場合があります。

現地支払費用のことをあまり理解せず留学に行き、現地でお金を揃えるのに苦労する人もいるので現地支払費用についても把握しておきましょう。

 

 

③ 現地生活費

 

これは一番個人差がでます。自分次第といったところですね。語学学校ではほとんど毎日3食でるため食費は外食しない限りかかりません。目安として日本円で1万5千円もあれば生活に困ることはありません。ただ、週末にリゾートにお出掛けなど観光も目一杯楽しみたい女子は5万円以上かかることもあります。

 

いくつかフィリピンでできるアクティビティを例に挙げます。

*アイランドホッピング 4,000ペソ

*オスロブでのジンベイザメウォッチングツアー

シュノーケル  9,000ペソ

ダイビング   10,500ペソ

*ジェットスキー  2,500ペソ

*バナナボート   500ペソ

 

どれも大体の値段です。日本に比べれば安いですが、毎週のように遊んでいればだいぶお金は必要になるかもしれませんね。

 

 

④ 航空券 往復4万〜10万

LCCなどを使えばとっても安く費用を抑えられます!直行便も沢山出ているのでアクセスの良い留学先です。

 

日本からの直行便がある航空会社は

・ANA/JAL

・フィリピン航空

・ジェットスター・アジア

・ジェットスター・ジャパン

・セブパシフィック航空

・バニラエア

・デルタ航空

 

渡航する時期によっても航空券の値段は変わってきますが、お盆シーズンなどは往復7万から15万以上になることもあります。しかし繁盛期を除けばLCCで往復4万円代から航空券を買うこともできます。

 

 

⑤ 保険

留学中なにが起こるかわからないので保険は入っておきましょう。

1ヶ月でAIU保険会社で16000~25000円くらいです。

特に女子は環境の変化やストレスで体調を崩しやすい人が多いです。自分にあった常備薬を持っていくなどの対策もしてくださいね。

 

 

これらを日本円で計算すると30万円前後になります。割と高いなと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、他の国に比べればとても安くなっています。英語の勉強もしつつ、リゾート地などの観光も楽しみたい女子には最適の留学先です!!

 

 

0 件口コミ

口コミを投稿

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*